綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

賃貸物件を選ぶコツ!理想的な物件を見つけよう

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/21

良い賃貸物件を選びたい場合、選ぶコツを知っておきたいところです。コツを知らないで選ぶと、後で後悔してしまう可能性も考えられます。では、どのようにしたら良い賃貸物件を選ぶことができるでしょうか。理想的な物件の見つけ方をいくつか見ていきましょう。

壁の厚さはどの程度になっているか確認しよう

綾瀬で魅力的な賃貸不動産を選ぶコツは隣に音が漏れない建物になっていることです。実際に賃貸物件に住んでみると、隣の部屋から音漏れがするといったクレームも少なくありません。隣の部屋から音漏れがすると言う事は、自分の部屋の音も隣に漏れている可能性があります。

例えば、テレビをつけて大笑いしているところを隣の住人に聞かれていることも考えられるわけです。笑い話で済まされれば良いですが、ときにはクレームの対象にもなるのが音の問題です。このように考えれば、いかに壁の厚さが重要になるか理解できるでしょう。

基本的に壁の厚い物件は、鉄筋コンクリートの物件になります。マンションならば大抵壁の厚い物件ですが、鉄筋コンクリートでも材料費があまりかかっていないところは可能な限り薄い壁にしている可能性があります。そのようなところは家賃が安い代わりに、壁にかけた費用が少ないと言えるでしょう。

逆に壁が厚いところは、若干賃料が高いこともありますが、プライバシー問題や音漏れが原因によるクレームなどに悩まされることはあまりありません。 もしアパートを選ぶ場合には、鉄筋コンクリートのアパートはほとんどありませんので、木造か重量鉄筋あるいは軽量鉄筋の建物を選ぶことになるでしょう。

この場合には、可能な限り端の部屋を選ぶようにするべきです。少なくとも端の部屋ならば片方から音漏れがしても両方から音漏れがする事はまずありません。音漏れが気になる方角に、大きな本棚やタンスなどを置いておくとそれだけで音漏れをなくすことが可能になります。

水回りの設備があまり十分でない

綾瀬で賃貸物件を借りる場合は、可能な限り水回りの良い物件を不動産会社に紹介してもらいましょう。水回りの良い物件とは、例えばキッチンの設備がしっかりしている物件などです。

一人暮らしでワンルームマンションを選ぶときは特にキッチンにお金がかかってない物件には注意です。ガスコンロが1つで、洗面所と同じ位の食器洗いができる場所があり、お皿を乾かすところがないようなところもあります。

多少工夫をすればお皿の置き場所はできますが、コンロが一つだと料理がほとんどできないため不満を感じることもあるでしょう。しかしある程度大きなキッチンを選ぼうと思えば、選ぶ事は可能になります。少なくともガスコンロが2つ以上あるところを選べば、料理の時に困る事はないでしょう。

水回りと言えば、キッチン以外にもトイレとバスルームがあります。ワンルームの場合はトイレとバスルームが一緒になっているところもありますので、事前に部屋の中を見ておきましょう。人によってはトイレとバスルームは必ず分離していなければ嫌だという人も少なくありません。

ただそのような物件は若干賃料が高い傾向にあります。 一人暮らしでない場合は、通常トイレとバスルームが分離していますが、バスルームが狭い物件も多いです。そのため、部屋を見るときには必ずバスルームの確認は必要になるでしょう。

周辺の環境をよく確認しておくと良い

建物の中に不満がある場合には、最低限の範囲内でリフォームをすることで、その不満をなくすことも可能になります。例えば、防音設備をつけて隣人の話し声等をシャットダウンする方法です。

しかしながら、建物の外の環境は、自力で変えることができません。そのため、不動産を借りる場合には、建物の外の状況もよく確認しておくことが必要です。具体的には、まず外の自動車やバイクの音が建物に響かないかを確認しておく必要があります。

特に大通りに面している物件を借りる場合には、トラックの音などがうるさいことが考えられます。夜になるとバイクの音がうるさいこともあり得るでしょう。昼間の雰囲気は大抵物件の周りを歩けばわかりますが、夜にどれぐらい音が響くかは夜に行ってみないとわからないものです。もし気になる場合には昼間物件を見る以外に、夜にも訪れてどのくらいの静けさかを確認しておきたいところです。

後は周辺に工場などがあると、音やにおいの問題が考えられます。食べ物の工場ならばにおいの問題はそこまで問題ありませんが、金属の工場などは音がうるさい可能性や金属を加工したときのにおいが部屋の中に入ってくることもあります。もし賃貸物件を内覧するときに土曜日は日曜日で工場が休みの場合には、可能な限り平日の昼間も近くに行ってみると良いです。平日の昼間でなければわからないことも多いからです。

 

不動産会社から賃貸物件を借りる場合には、まず部屋の壁の厚さを確認しておきましょう。隣の部屋の音が聞こえるかあるいは自分の部屋の音が聞こえて、問題が生じることも考えられます。次に水回りの設備の大きさが十分かを確認しておくべきです。最後に建物の周辺環境を見て、音の問題やにおいの問題がないかを確認した方が良いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧