綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

契約書の正しい読み方と注意点を徹底解説!

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/09

不動産を賃貸する場合、契約書が交わされることになります。内容を把握しておかないと、思わぬトラブルに見舞われることもあるので注意しておくことが大切です。

そこに書かれている内容は事前に打ち合わせたものがほとんどですが、それ以外の部分もあります。特に解約に関することや保証人に関することは契約書において初めて出てくるものです。

賃貸契約書には何が書かれているのかについて

不動産では契約書は重要な役割を持っています。民法上は書類が無くても契約は成立しますが、後で双方に齟齬が生じないためにも、合意した内容を書類に落としておくことは必要です。綾瀬で賃貸を借りる場合は、契約書に関する注意点を把握しておくことが大切となります。

賃貸の内容は不動産の広告などで事前に知ることができます。さらに、重要事項説明書に大事なことが書かれているので、その書類で確認することも可能です。

しかし、実際に賃貸を借りる場合は、重要事項説明書を受け取るのと契約書を交わすのが同じ日になされることも珍しくはありません。借り手も忙しい時間を割いて物件を探しているので、余計な時間を使う余裕はないでしょう。そこで契約書の確認を最低限の知識でできるように、事前に知識を得ておくことはとても大切なのです。

書かれている内容は物件を確認するものと、家賃や契約解除に関することが主要となっています。何事もなく契約が継続している間は、書面の内容を気にする必要はありませんが、何かトラブルがあったときに書面に書かれた内容が必要になります。

契約解除は定められた期日までに申し入れる必要があり、それに従わない場合は一定額の支払いが必要になることもあるのです。最低限確認することは、その物件に間違いがないかどうかです。物件の住所や名称が異なる場合は申し出る必要があります。

注意したほうが良い賃貸のポイント

綾瀬で不動産を借りる場合、注意したほうが良いポイントがあります。不動産の賃貸では契約の前に重要事項説明書が交付されます。その内容は宅地建物取引士によって説明されるので、齟齬が生じることは少ないと言えます。

しかし、その後に交わす契約書は特に内容の説明は無いのが普通です。重要事項説明書は専門家である宅地建物取引士が素人の借主に内容を説明する形をとるのに対して、契約はお互いが対等の立場で行うものです。内容は両者が知っていて当然という前提で進められるので、細かな説明は無いのです。

さらに、契約の相手は大家さんであることも忘れてはなりません。これまでは不動産会社の担当者と話してきたわけですが、借りるのは大家さんからなのです。そのため、これまで打ち合わせをした内容が大家さんに引き継がれているかどうかが問題となります。そのことを確認するのが契約書の役割となるので、疎かにすると失敗します。

契約書を交わす場合は、条文の主な部分を読んでみることが必要です。わからない部分も出てきますが、担当者に確認しながら読み進めるのが正しい態度となります。知らないことは恥ずかしいことではなく、知らないままにハンコを押すことが恥となります。物件を借りた後は、問題が生じた場合は大家さんとの交渉となるので、何を合意したかを両者で共有しあうことはとても大切です。

トラブルの発生が予想される部分

賃貸を借りる場合、初めのトラブルは多くはありません。打ち合わせてから間もないので、齟齬は生じにくいと言えます。

しかし、退去する時点でトラブルが表面化することがあります。その中でも原状回復は代表的なものです。

法律では借主が退去する場合、借りた物件の原状回復が求められます。借りる前の状態に戻してから返すことが求められるのですが、常識的な範囲の汚れなどが生じた場合の対応が問題となることがあるのです。

補修の必要が生じたときの資金として担保されるのが敷金ですが、本来は家賃の滞納に対する対策のはずです。大家さんによっては一度徴収した敷金を返したがらない人も存在します。その時に敷金を返却しない根拠として用いられるのが原状回復なのです。したがって、原状回復に関しては契約の時点で内容を明確にしておくことが望まれます。

長く住むことになると、家賃の値上げを要求されることもあります。契約書では家賃を変える場合にどのような手続きが必要となるかを記載することが望まれます。退去の場合の大家さんへの通告義務は契約書で記載されるのが普通です。それ以外の場合の違約金に関しても定めておくのが普通なので、見ておくことが大切となります。

ペットに関することは大家さんとの取り決めにより決まるので、契約の時点で確認することが必要です。契約書は大家さんとの合意事項となるので、内容に齟齬が無いようにする必要があります。

 

不動産を賃貸する場合は、わからないことも多いはずです。大家さんと直接契約する場合は別として、質問事項は不動産会社の専門家に聞くことが効果的な方法となります。住み始めてからのトラブルを未然に防ぐためにも、質問して聞く姿勢が求められます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧