綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

一人暮らしにちょうどいい賃貸の間取や広さはどのくらい?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/21

これから一人暮らしをしようと考えている場合には、賃貸住宅を借りるのが手頃でしょう。賃貸住宅と言っても様々な間取りがありますが、一人暮らしでも目的に応じてスペースを確保できる物件が理想といえます。とは言え、一人暮らしに必要な間取りといっても人によって異なります。そこでパターン別に違いを見ていきましょう。

普段からあまり家に帰らない人の場合

綾瀬の不動産会社に足を運んで一人暮らし用の物件を見つけるとしても、どのような暮らしかによって必要な間取りは異なります。例えば一人で暮らす場合でも、普段は家と会社の往復だけで、さらにあまり家に帰らない人もいるでしょう。休みの日には外に出かけることが多く、夜にしか自宅に帰らないアクティブな人もいます。家に帰るといっても眠りに帰るだけの可能性もあります。

このようなケースでは、わざわざ広い物件を手に入れなくても良いでしょう。基本的に間取りは、ワンルームの物件を不動産会社で探せば十分といえます。部屋は6畳位あれば問題ありませんが、所有しているものが多い場合にはもう少し広い部屋があっても良いでしょう。一般的に綾瀬の物件は6畳から8畳位のワンルームマンションが多いため、その中から選べば満足のできる部屋を選ぶことができるはずです。

家でほとんど料理しない場合には、キッチンが小さくても問題ありません。キッチンが小さいと言う事は、別の視点で見ればその分家賃が安くなっているか、あるいはそれ以外の部屋のスペースに余裕があることを意味しています。部屋を有効に使うために、ロフト付きのワンルームマンションでも良いかもしれません。ロフト付きならば階段をのぼって上で眠るため、それほど広くない部屋でも有効に使うことが可能です。

よく家にいる人はどのような物件が良いか

1人で暮らす場合でも、よく家にいる人も少なくありません。例えば学生であまり課外活動していない場合には、学校から帰宅し残りの時間を家で過ごすことになります。趣味がテレビゲームの人や家でテレビを見ることが多い人ならば、ある程度ゆとりのあるスペースが必要になるでしょう。

一方で会社員の場合でも、あまり外に出ず家にいる人もいます。このような場合も、部屋のスペースがある程度広い方が、落ち着いて暮らすことが可能です。

学生の場合は基本的に持ち物も少ないことが多く、それほど広い部屋を必要としないことが多いため、ワンルームで十分といえます。ただなるべく在宅をしたいならば8畳位の部屋を狙ってみても良いでしょう。勉強部屋と寝室を兼ねるため、それぐらいの広さがあったほうが余裕はあります。

これに対して会社員や派遣社員などのように外で働いている場合には、学習机などは必要ないかもしれませんが、学生に比べると収入がある程度自由になるため、所有物も多いことが考えられます。そうだとすれば、もう少し広い部屋に住むことも考えられるでしょう。

例えばワンルームではなく1LDKなどの住宅に住んでみても良いです。1LDKの場合は、リビングと寝室を別々に分けることが可能になります。 もし一人暮らしでも、恋人がいる場合には、やはりワンルームよりも1LDK以上のほう良いでしょう。

ひと部屋を使う位の趣味を持っている場合

綾瀬市で一人暮らし用の不動産を探す場合、ひと部屋使う位の趣味を持っている場合には、ワンルームでは不十分なことが多いです。ひと部屋を利用する趣味とは、例えばバンド活動をしておりトラムセットなどが部屋の中にある場合です。

このような場合には、ワンルームだとかなり窮屈になってしまい、寝る場所もなくなってしまいます。もちろんロフトを利用する方法もありますが、それでもかなり窮屈な暮らしになるでしょう。それよりは1LDK以上の間取りを選んだ方が良いといえます。リビング以外の部屋を趣味の部屋にしてしまい、残りの部屋で生活をすれば暮らしに余裕が生まれるでしょう。

1LDKといっても様々な広さがあります。綾瀬では一般的にリビングともうひと部屋を合わせると12畳から14畳位の広さになる部屋が多いです。家賃などを考えると、バンド活動でドラムセットを置く位ならばそこまで広い部屋は必要ありません。

ですが同じ趣味でも鉄道模型のジオラマを部屋に展開している人もいます。このような場合には、ひと部屋はなるべく広い方が良いでしょう。そうすると寝室かリビングのどちらかは、7畳から8畳位あった方が理想的といえます。

それ以外では、友達がよく家に来る人もやはり2部屋以上の間取りがあった方が良いです。夜遅くまでお酒などを飲んでいる場合、寝室とリビングが同じ部屋になってしまうと、タバコなどを吸うときにはタバコ臭くなってしまう可能性があるからです。

 

綾瀬で一人暮らし用の不動産を借りる場合、もしあまり家にいる時間が長くないならば、ワンルームマンションで充分です。逆に家にいる時間が長い場合は、少し広めのワンルームや1LDKの住宅ならば余裕があります。ひと部屋を利用する位の趣味を持っている場合も、1LDKぐらいあれば良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧