綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

高齢者は賃貸物件を借りづらい?理由と対策を考えよう

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/21

持ち家を購入するか賃貸物件で暮らすか、どちらが良いかはそれぞれの価値観によって異なります。賃貸物件には、生活スタイルに合わせて住み替えをしやすいなどのメリットがあります。一方で、高齢になると新たに賃貸契約をしにくくなるということも事実なのです。高齢者が部屋を借りづらくなる理由とその対策について、考えてみましょう。

経済的な理由と健康面の不安が大きい

賃貸物件の大家は、部屋を貸すことで家賃収入を得ることになります。そのため、定期的な収入がある人のほうが契約は成立しやすいということになるのです。高齢者は、公的年金や預貯金の切り崩しなどで生活している割合が多くなります。そのため家賃の支払いが途絶えてしまうかもしれないという不安が、部屋を見つけにくくなる理由として大きいといえるでしょう。

また賃貸契約の際には、連帯保証人を立てる必要があります。保証人になってくれる人が身近にいる場合は問題ないのですが、多くのケースではやはり保証会社を利用することになります。この保証会社の審査についても高齢になると通りにくくなってしまうのです。

さらに健康面での不安も、考えないわけにはいきません。特に一人暮らしの高齢者の場合は、部屋で急病や怪我などで動けなくなり孤独死してしまう可能性も全く無いわけではないからです。すぐに発見されればよいですが、長期間発見されなかったような場合には部屋全体をリフォームするなどの必要が生じてきます。

物件そのものが「事故物件」となってしまいますので、次の入居者を探すことも難しくなるというリスクがあるのです。新しい入居者を見つけるために家賃を下げざるを得なくなるなど、物件のオーナーにとっては大きな損失につながる場合もあります。このような理由から、高齢者との契約には消極的になっているケースもあるのです。

身内の協力や自治体のサポートを利用する

高齢になると賃貸契約が難しくなるのは事実ですが、一方で全く部屋を借りられないというわけでもありません。不動産屋や物件のオーナーが不安に思う点を解消できればよいのです。

対策として、まずは身内に協力してもらうとよいでしょう。社会人として収入を得ている子供がいる場合は、子供に保証人になってもらうという方法があります。それに加えて、できる限り子供の住んでいる住宅の近くに部屋を借りるようにします。

こまめに様子を見てくれる身内がすぐ近くにいるということで、契約の可能性も高くなるかもしれません。信頼できる身内がそばにいるということは、家賃の支払いが安定するということにつながります。健康面でも、何かあった時にすぐ駆けつけてくれる人がいるという点で安心感を与えることができます。

協力を頼める身内が近くにいない場合は自治体のサポートを利用するのも1つの方法です。保証人を得ることが難しい高齢者などの賃貸契約を、支援する団体があります。その団体から、不動産業者を紹介してもらうという方法です。

「見守り」や亡くなった後の「家財処分」などの支援メニューを受けることで、提携している不動産業者から部屋を紹介してもらうことになります。綾瀬にも、協力店があります。見守りなどのサポートが付いた契約をすることで、物件オーナーの審査を通過できるよう協力してくれる不動産業者を見つけましょう。

高齢者専用の賃貸マンションもある

一般的な賃貸物件は高齢者の契約が難しい一方で、高齢者専用の賃貸マンションというものも存在します。綾瀬でも高齢者向けに造られている物件の場合は、階段の上り降りが必要ない構造になっていたりバリアフリーが行き届いていたりする物件が多いです。

高齢者にとって生活しやすい環境が整っているといえるでしょう。設備が行き届いている分家賃は通常よりも高めに設定されている場合が多いですが、万が一の場合に備えて病院とすぐに連絡がとれるシステムになっているなど安心できる物件であるといえます。

家賃を抑えたい場合には、都道府県や市町村などが運営している綾瀬の公営住宅を利用する方法があります。人気がありますので入居は抽選になることも多いですが、高齢者も問題なく入居することができる物件です。サービス付き高齢者住宅という選択肢もあり、綾瀬にもそのような物件があります。

専属のスタッフが定期的に入居者を訪問しますので、孤独死などの心配が無くなるのが大きなメリットといえるでしょう。サービス付き高齢者住宅は高齢者専用ですので、一般的な賃貸物件とは違い若い人の入居は不可となっています。

自分専用の部屋の他に共有スペースなどもありますので、他の入居者とのつながりをもつことができるところも良い点です。また賃貸という選択肢だけではなく、分譲マンションを購入するという方法も有効です。

 

高齢になっても、契約できる賃貸物件は複数存在します。さらに高齢化社会がすすんでいることもあり、高齢者の入居できる物件は増えているといえるでしょう。生活スタイルの変化などに備えて早めに物件探しを始めることが、契約を成功させるポイントかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧