綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

社宅にはメリットがたくさん!導入時の注意点も確認しよう

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/24

福利厚生のひとつでもある社宅制度は、近年になり人材を確保する動きとして、導入する企業が増えつつあります。求人募集の際には、充実した福利厚生があることを入社希望者にアピールすることができるでしょう。社宅の導入には、さまざまなメリットもありますが、事前に確認しておく注意点もいくつかあります。

社宅を導入するメリットは?

社宅のメリットといえば、まず周辺家賃相場よりも割安で部屋を借りることができる点が、従業員にとって魅力の大きいポイントといえるでしょう。一般的には従業員が全額自費で自分や家族が生活する家を借りなければなりませんが、社宅は家賃の一部を勤務先が負担してくれるので、給料が増額するより、実質的には収入が増えるということになるでしょう。

また、社宅を導入することでメリットを得られるのは従業員だけではありません。企業の福利厚生を潤沢にすることができる点です。福利厚生が充実していることで、従業員の満足度を満たすことができるでしょう。

ちなみに企業として社宅の賃貸料金を支払う際、福利厚生費として計上することが可能なので、節税効果が期待できるので一石二鳥ですね。また、転勤の際に従業員の手間を省くことができるようになります。

転勤先の住まい探しや敷金・礼金の支払いなどは、従業員にとって少なからずとも負担をかけることとなるでしょう。しかし、転勤先の住まいが社宅であれば、その負担を抑えることができます。転勤の負担は離職に繋がることもあるので、このメリットは見逃せません。

以上のようなメリットは、人材の確保と流失阻止の効果が狙えるでしょう。社宅に住むことで、従業員のメリットが大きくなり離職率を下げる福利厚生として、社ぜひ宅は導入したいところです。

社宅を導入するデメリットは?

社宅には、次のようなデメリットがあることも理解しておきましょう。まず、社宅は会社名義での賃貸契約になるので、企業がオーナーと賃貸契約を結ばなければなりません。

それに加え、社宅の管理上のルールを整備し、家賃相場から家賃補助額の設定をしなければならないので、事務的な業務が増えることは否定できません。

従業員の立場から考えるデメリットは、社宅ならではのさまざまなルールが従業員本人やその家族にとって窮屈に感じてしまうこともある点です。なかには、上司や同僚も同じ建物の社宅に住むことになるケースもあるため、特に仕事上で関りがある人も暮らしている場合だとプライベートにも干渉されているような感覚に陥ることもあるようです。

また、従業員にとって住みたいエリアや間取りなどが選べない点にあります。住居を選択する自由が制限されてしまうため、間取りを選べないこともあるでしょう。

社宅を導入する際の注意点は?

社宅制度を採用するにあたり、事前に確認しておくべき注意点について挙げていきます。まず、社宅を導入するにあたり明確な社内規定を布くことです。社宅は企業が賃貸契約を結んでいるので、厳格にルールを設けなければ、従業員と企業の間で、トラブルを引き起こす懸念があります。しっかりとした社内規定があることで、入居手続きをスムーズに済ませられるようにもなりますし、特に入居資格や賃貸、入退去手続の詳細などは、より明確に定めるべきでしょう。

その際に社宅使用料についても注意しましょう。家賃負担分給料を減らすことで、税金や社会保険料などが免除され、節税対策になるでしょう。ただし全額会社負担だと、給料として見なされてしまい、課税対象となるので、一部負担は従業員に課すようにしてください。

また、給料から社宅への家賃にあてるのではなく、住居手当を支給する場合、現物給与となり課税対象となるので気をつけましょう。住宅手当分だけ従業員の所得税が余計に増えてしまうため、収入は少なくなってしまいます。

企業としては、固定資産税や課税明細の取得をする必要があることです。借り上げ社宅は、決まった算出方法によって、家賃相場が計算されています。ちなみに家賃相場の算出の際には、建物と敷地の固定資産税の課税標準額が必須で、それにあたり固定資産税の課税明細をチェックしなければなりません。

まとめ

社宅は入社においてさまざまなメリットがあることがわかっていただけたかと思いますが、デメリットについても把握し、従業員への理解を促す必要があるでしょう。そして社宅の導入には、注意事項などもありますが視野を広げて考えると、福利厚生としてとても充実した制度であることがいえます。

社宅導入を検討している場合は、当サイトでもご紹介している、センチュリー21グリーンホーム(株式会社グリーンホーム)といった、社宅の導入に対応している不動産会社に、まずは相談・依頼をしてみてください。社宅を提供するプロから話を聞くことで、適切なアドバイスをもらえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧