綾瀬で賃貸物件をお探しの方必見!地域密着型でスタッフ対応や仲介実績にも定評のある不動産会社ランキングをご紹介します!

賃貸の家賃は手取りの何割が妥当?無理のない計画を立てるポイント

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/09

賃貸契約をする上で重要な事柄の1つに、家賃があります。毎月発生する家賃を遅れることなく支払っていけるようにするには、手取りの何割くらいに抑えるのが良いのでしょうか。家賃以外の生活費なども合わせて、月々の収入に対する支出の適切な割合についても考えていきましょう。

1カ月あたりの支出の配分を考える

家賃の相場というと、基本的に月収の3割と言われることが多いでしょう。ただしここでいう月収とは、額面上の収入ではなく実際に受け取ることのできる「手取り」額で考えることになります。

給与などの収入からは住民税や所得税、社会保険料などが引かれます。そのため、額面上の収入で考える3割と手取り額の3割とでは金額が異なってくるのです。家賃の相場を考える場合は、手取り額の3割が相場であると判断するのがよいでしょう。

1カ月の手取り額を基にして、家賃以外の支出についても考えてみます。無理のない生活設計を立てるためには、まずは貯蓄額を決めることがおすすめです。

一般的に貯蓄額は手取りの2割から3割ほどであると言われています。最初の段階で貯蓄にまわす分を引いておき、残りの金額を生活費と固定費に振り分けます。生活費とは食費や水道光熱費、衣服などの購入費用です。

対して固定費とは家賃の他に共益費や駐車代、火災保険料などが該当します。これらは毎月必ず支出されるものですので、貯蓄と固定費を除いた金額の範囲内で生活費を賄っていけるかどうかを考えることになります。その上で、いくらまでなら家賃にまわすことができるかを決めるようにすると良いでしょう。

必ずしも手取りの3割である必要は無く、様々なことを検討した結果2割の物件が適当だったという場合もあります。

収入や家族構成などでも妥当な割合は異なる

家賃の妥当な割合は、それぞれの手取り額や家族構成などによっても大きく変わってきます。例えば就職したばかりで収入がまだそれほど多くない場合には、1カ月の収入に対する家賃の割合がどうしても高くなるでしょう。1人暮らしでワンルームの部屋を借りたとしても、3割以内で抑えるのがギリギリというケースもあるかもしれません。

一方で共働きの夫婦の場合は、2人分の収入がある上にある程度のキャリアを積んでいて手取り額が高いということも考えられます。このようなケースでは、総収入の3割までを出さなくても一定以上の部屋を賃貸契約できそうです。収入が高くなるほど、1カ月の支出における家賃の割合は小さくなっていくと言えるのです。

働き方が多様になっている社会情勢の変化を受けて、手取りの2割から2,5割が妥当であるという考え方も推奨されています。家族構成の変化に応じて、適切な金額の部屋へ住み替えるという方法も良いでしょう。実家を出て一人暮らしを始めたタイミングや結婚して子供が生まれたタイミングなどで、検討するのがおすすめです。

綾瀬駅周辺の不動産会社では、希望額に応じた物件が紹介されています。ネットでの検索機能も充実していますし、店舗へ直接来店して調べてもらうことも可能です。いくらくらいまでなら支払っていけるかを伝えることで、希望に合う物件を用意してもらえます。

無理のない計画には安い物件を探す

1カ月の支出額のうちで、食費などの生活費を削るのには限界があるものです。やはり家賃の占める割合をできるだけ減らすことが、無理のない生活設計のために必要といえます。

相場は、地域によっても違いがあります。そのため少しでも相場の安い地域で賃貸物件を探すようにすると、出費を抑えることができるのです。

綾瀬も含めて大学などの施設がある地域では、学生向けの賃貸物件が多くなっています。家賃も比較的低く設定されていますので、それらの地域から探すようにするのも1つの方法でしょう。

プロに相談をするというのも、とても有効です。綾瀬の不動産会社でも、希望の物件を見つけるための相談に乗っています。総手取り額に応じた適切な家賃のアドバイスなども受けることができるでしょう。個人で探すよりも、不動産会社に探してもらう方がいい物件に出会える可能性は高くなるかもしれません。

また、手取り額は月収のみで考えることが大切です。ボーナスなどはある程度もらえる額がわかる場合もありますが、予定のわからない部分もある収入ですのでボーナスを含めて計算するのは危険です。

不動産会社に手取り額を伝える場合も、月々の収入額のみを伝えるようにすることで適切な物件を紹介してもらえる確率が高まります。この場合1件だけで決めるのではなく、複数の不動産会社を回ってみて比較することも大切です。

 

生活のレベルをできるだけ落とさないようにしながら家賃を抑えるようにするには、不動産会社に相談するのが良い方法でしょう。綾瀬の不動産会社にも多様な物件が揃っていますので、プロの説明を受けながら希望に合う部屋を探してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧